カエルのいる夜景
previous arrow
next arrow

カエルのいる夜景

夜になると田んぼから聞こえてくるカエルの大合唱。カエルが鳴いているねぇ!と母に言うと、母は、「お母さんの実家は名古屋の中心部にあって、田んぼが無く、嫁いできた何年かはカエルの鳴き声がうるさくて仕方なかった」という。私は幼い時からカエルの鳴き声を、夏が近づく風物詩と感じながら、夜眠りについたものです。