真っ黒なインク

真っ黒なインク

私が普段使っている、株式会社名村大成堂さんから出ている
「アートカラー 純黒ハイグレード 漫画インク」です。

「アルコール系マーカーに強く。耐水性で純黒、つや消しインク。消しゴムのこすりに強く、シャープな仕上がり。」と箱の横に書いてある言葉に、当時につられて購入してしまいました。

実際に使用してみようと蓋を開けると、口が狭い(直径2.5cmくらいの口)ので絞ったインクが軸について、指先が汚れることもありました。

描いた感じはシャープな仕上がり(にじまないと解釈しています。)ですし、気の短い私にも乾きの早さには間題ありません。すぐ消しゴムがかけられます。私のインク量としては約90秒後にCOPICを上から描いてもにじむ事はありませんでした。

ペン先もキチンと拭けば錆びないと思います。開明墨汁のように、水洗いをしなくても大丈夫のようです。

匂いは開明墨汁に比べて少ないので、気になる方にはお勧めではないでしょうか?
と言いながら、個人的には開明墨汁の匂いも好きです。また機会があればご紹介しますね。

色合いは、純黒っていうくらいなので、どんだけ真っ黒だい?と思ったらほんとに真っ黒な
インクです。ここまで黒いインクは私は見たことありません。色ムラの程度を確認してみたいので塗ってみましたが、創造通り色ムラはなく「すごーく黒ーく」塗れました。ベタ塗時も乾きは早かったです。
みなさん、ベタ塗りの時は何を使いますか?私は学生の頃は筆ペンを使ってましたけど
あれも使わないと中のインクがドロドロになったりしましたが、今はどうなんでしょうか?
ベタ塗する機会があれば今度つかってモノクロの絵を描いてみたいとおもいます。

こちらにもレビューがありますので参考にされてはいかがでしょうか?

と気になる点は、口が小さいくらいで、それ以外は大変お気に入りです。ここらへんには売ってなくて名古屋のパルコにある地球堂さんまでいかないとないのでございますよ。と、ホントに近くに画材店ができてほしいものです。

  
お役に立ちましたら、こちらをクリックして応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする