老人の顔・輪郭の描き方

老人の顔・輪郭の描き方

老人の顔の作りです。成人男性と違って顔の肉が下に垂れてきています。ほお骨も出てきてほほの肉も垂れ下がってきます。おでこの肉もなくなり頭蓋骨に沿った顔になってきます。口はへの字クチで、ほうれい線も目立ち皮がたるんできます。おでこの肉もなくなるので目と眉の間が短くなります。これは、やせた男性老人の描き方なのでまた、ふくよかな男性老人の描き方とは異なります。これもまた今度描いていこうとおもいます。
あごの肉が垂れ下がり、首から肩にかけて皮がたるんでみえます。肩の骨もゴリゴリに見えます。

成人男性に比べるとあごの肉が皮になってきます。鼻はワシ鼻にするとお爺さんぽく見えると思います。口もとにも力が無くなり下に皮がたれてきます。いくらやせている老人とはいえ、あごの皮はたれているのでそれらしくみえてくるとおもいます。身近におじいさんが居る方はよく観察するといいでしょう。またふくよかな老人の描き方も異なってくるのでまた次回描いていきたいと思います。これも私の個人の描き方なのでご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする