隈研吾さんのデザイン

隈研吾さんのデザイン

小春日和にさそわれて今日は、伏見周辺をぶらぶら・・・。

目に飛び込んできたのは御園座です。特に演劇に興味があるわけではありませんが、地元名古屋に新しい(今回はリニューアルですが)建物が出来るのは、絵やデザインに興味のある私にとってはうれしいものです。写真は向かい側より撮影しています。

気になって「御園座さん」のホームページなど調べていましたら、どうやら座席で飲食が出来るそうです。食べなら観劇できるという事ですね。すばらしい。そして一番驚いたのが女子トイレが52個あるそうです。どんなのかイメージしてしまいました。きっと壮観でしょうね?
確かにトイレにはみなさん集中しますよね。

さて、この御園座さん世界的に有名な「隈研吾さん」のデザインということです。
あの新国立競技場のデザインもされるとの事で、今からとても楽しみです。

真下から見ると白い骨組みが浮いています。幾何学的と言ったらいいのでしょうか?
隈研吾さんの作品のインパクトに、周りの景色はすっかり忘れてしまい、同化するというよりは、周囲は無いものと私の脳は判断しているようで、まったく覚えていません。

まずは隈研吾さんのホームページ「隈研吾建築都市設計事務所さん」をご覧ください。
この世のものとは思えないほどの建築物です。心をウキウキさせてくれるデザインや絵は
やっぱり良いですね。

  
お役に立ちましたら、こちらをクリックして応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする