伊勢神宮おかげ横丁

伊勢神宮おかげ横丁

この度、節分の日に家族旅行で伊勢神宮に車で行ってまいりました。
前回行った時から16年経っておりまして懐かしく思いました。…と言っても
まだ二回目なんですけどね!!!
朝に伊勢神宮外宮から参拝いたしました。前回は全く感じられなかった気をすこ~~~しだけ
感じる事ができた気がします。なんでしょう?すっと空気が変わった様なそんな感じです

朝早くに外宮を参拝した後、内宮に向かうおかげ横丁を歩いていると赤福のお店がすでにオープンしていました。9:30オープンと思っていましたが、こちらだけ早く開いておりまして、早速冷えた体に暖かい場所が欲しいとお店に入らさせていただきました。ほうじ茶と赤福餅二つのセット(盆)を家族分注文、椅子に座る席と奥にはゴザがひいてある席がありまして、

ありがたい事に足が冷えないように床暖房でしょうか?下から暖かくなりました。
さて、体も温まりましたので内宮に参拝とまいりましょう。

内宮は天照大御神を祀ってあるのだよ、と娘に申しますと随分興奮しておりました。漫画とかの影響で知ってるみたいです。でも、彼女の想像ではキラキラした漫画チックな天照大御神を想像してるんだろうかな?と思うと碌な参拝にならなかったように感じます。

内宮では娘とふざけあってしゃべってばかりだったので、外宮で感じた気は分かりませんでした。彼女も私も同レベルなんでしょうね~~こまりものです。
やはりああいう神聖な場所なので、それなりの心もちでいかないと失礼なのでしょうね。
今度参拝ができたら今度こそ、神聖な気持ちで参拝できるように心がけます。

昔は一生に一度は伊勢神宮に参拝に行けたらいいなと皆思いながら旅に出たんですよね。現在は高速もあり行こうと思えば行ける距離なので昔の人との気持ちとは重みが違うんだろうなと思いました。

今回は御朱印帳を買おうと決めておりました。御朱印を書いていただける内宮神楽殿では、御朱印帳の種類が1種類のみという事です。折角なので選びたいと思い、販売しているところへ向かいました。神楽殿から下って100メートル先のお土産売り場にあります。紫、ピンク、水色、緑、黒、赤、と種類がありました。お好みのものを購入するといいでしょう。私は紫をいただきました。かなり渋い。

ただ、かなり渋いので可愛いのが欲しい方は事前に用意した方がよいかと思います。最近ではおおきな本屋では御朱印帳が購入できるお店も多いので、探してみるのもいいでしょう。

こうして無事参拝を終えおかげ横丁へ・・・。

さて、おかげ横丁での楽しみは「はんぺん」です。わたくしが最初に食べたのは関のサービスエリアです。それからというものまる天のはんぺんは、あったら絶対食べなければならない私のソウルフードです。前回三重の方へ旅行した時は、チーズ棒を食べたのですが今回はたこ棒をいただきました。いてもたってもいられなかったので、見つけた途端に購入してし食べましたので、たこ棒を写真を撮るのをド忘れしてしまいました。気づいたのは主人が購入したエビマヨ棒を撮っている時でした。半分以上食べてなくなってしまって、歯形付きの写真になってしまう!と思い諦めました。写真がないのが残念です。あればスマホの待ち受けにするのになぁ~…。

次は焼きたてお煎餅、ネギ焼きと和風ペペロンチーノ煎餅と悩みましたがペペロンチーノはニンニクチップが乗っているので、ちょっと臭いが気になる方はお勧めしませんと言われたのでネギ焼きの方のお煎餅をいただきました。思った以上にネギを感じなかったなぁ~ペペロンチーノにすればよかったかなぁ?よし!今度は松坂牛コロッケをいただきましょう!!

松坂牛コロッケ  小ぶりで食べやすい!!ふた口、三口で食べれそうでした。
でも、猫舌だから、チビチビたべることになりました。

娘はチーズ入り松坂牛コロッケを食べた。中からにゅっとチーズがでてきた。
あら?結構手が荒れてるわ~

まだまだお腹に余裕があるんだけど、まだ回るところがあるのであとは伊勢うどんで〆にします。甘辛いたれでおいしいんです。コシが全くなくて、あれ?うどんは飲みものだったかしら?と勘違いしてしまいそうです。

さて、旅と言ったらグルメとお土産ですよね!!さて、お土産買うぞ~今回は愛知県民で、年配の方なら分かるんじゃないかな?っていうキャラクターです。
伊勢の名物赤福餅のキャラクター赤太郎、まさか、このキャラのグッズがあろうとは!鼻息荒くしながらズンズンお店に突進!
私、キャラクターもんに弱いんです。モー居てもたってもいられません!赤太郎は手に入れるしかないでしょう!!昔流れていたCMを思い出します。「えーじゃないか、えーじゃないか、えーじゃないか♪伊勢の名物~♪赤福餅はえ~じゃないか♪」
うーーーーん  懐かしすぎる!今、CMは流れていないそうです。あぁ、残念だ…Tシャツとかも売ってましたけど実用的ではないのでやめて、ハンドタオルと缶バッチにしました。

下の写真は山口誓子俳句館さんで購入した手拭鳥獣人物戯画の絵です。色々悩んだけどこれにしました。さて、何に使おうかしら?ハンカチ代わりに使ってもよさそうですね。

下の写真はおかげ参り犬のおみくじです。裏に穴があっておみくじが入ってます。
おかげ参り犬というこちらのおかげ横丁のキャラなの?思ってしまいますが、少し違います。
江戸時代の人にとって、伊勢神宮は一生で一度でいいから行ってみたい。という神聖な場所でした。でも、江戸から歩いて1か月もかかる大変な旅です。大変だし時間がかかるという事で犬を代わりに伊勢神宮まで行かせるという事がはやったそうです。行く人に犬を預けて一緒に連れて行ってもらっていたのですが、そのうち一匹で行って帰ってきた犬もいるそうです。首にお金を入れてありその犬を発見した人たちは、おかげ参り犬だという事が分かるので、エサを与えたり宿泊させてあげたり大切にお世話をしたそうです。
本当~???と思いますが歌川広重さんの絵にも、ちゃんとおかげ犬らしきものが描かれているそうです。今度、調べてみようとおもいます。


手捏ね寿司、へんば餅、松坂牛寿司やら、まだ食べれてないものがあり数時間では、足りないのですが、それはまた今度の楽しみに取っておいて、ルーブル彫刻美術館に向かいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする